ミュゼとビーエスコートで掛け持ちしてVIO脱毛に通う理由。痛みが強い部分は?


デリケートゾーンの処理ってどうしているんだろう?

と、ふと疑問に思ったことから、ミュゼでVIOの脱毛を契約しました。

最初はプロといえど、知らない方にアンダー部分を見られるのは恥ずかしくて仕方がありませんでしたが、スタッフの方は慣れているので、手順良く説明を済ませ、手際よく施術に入っていきました。

特にOラインなんて人に見せる部分でもないので、躊躇してしまったこともありました。

腕や脚の毛と違って、毛質が濃くて太いこともあり、施術開始から5~6回目までは痛みがすごかった印象です。

特にIラインの痛みなんてもう悶絶ものですし、冬場なんて痛みに加えて保冷材の冷たさに心が折れそうになりながらも通っていました。

ただ、スタッフさんも実際の痛みをわかっているので、保冷剤で少し長く冷やしてくれたり、機械のレベルを下げてくれたりと、無理のない範囲で施術をしてくれました。

私の場合は、ミュゼとは別でビーエスコートでもVラインのみで通っていました。

というのは、ミュゼでは下っ腹から骨盤あたりまでフラッシュをあてないので、Vラインがきれいになってもその周りの産毛や離れ毛が気になり、Vライン含め広範囲で施術してくれるビーエスコートで契約をしてウエストから下は全部施術していた感じです。

今はほとんど毛がない状態なので、ビキニやパンツから毛がはみ出ることはないですし、生理時の匂いやかゆみ、かぶれ等もほとんど無くなりました。

よって気に無くなりました。

コメントは受け付けていません。